エネルギーレメディとしてのフラワーエッセンス

★この記事は更新から1年以上経過しています★

このサイトで、検索から一番アクセスの多いページは「フラワーエッセンスの効果を実感できないとき」というページです。「フラワーエッセンス」「効果」や「フラワーエッセンス」「効果がない」という2つのワードで検索される方もいらっしゃいます。そうしたことを考えると、多くの方がフラワーエッセンスに期待されているけれども、本当に効果があるのか?と思ってらっしゃるということじゃないかと思います。

「フラワーエッセンス」には何か希望のようなとても大事なものを感じるけれども、自分が試してみても効果が今一つわからない。ということかもしれないと思います。僕も最初はぜんぜんわかりませんでした(^_^;)

フラワーエッセンスに期待すればするほど僕らは薬のように「効く」ことを期待してしまうのではないかと思うのですが、フラワーエッセンスの効果を実感しにくいことと、フラワーエッセンスがエネルギーレメディだということとが関係あるんじゃないかと思っています。

チェリープラムの冬芽

チェリープラムの冬芽

エネルギーについて面白い経験があります。僕は2001年から8年間ヒーリングを学んで卒業(School of Healing Arts and Sciences)したのですが、在学中や卒業後にヒーリングクリニックに何度か参加しました。在学生や卒業生のヒーラーたちが手弁当で集まって各地に出向いて、各グループ3、4人のチームを組んで行う無料のヒーリングクリニックです。

2011年の震災のあと、裏磐梯でのクリニックにも参加したのですが、そのとき原発事故から避難されていた方々にもハンズオンヒーリングをやらせていただきました。受けていただいた方の中には「ピリピリしたけど、電気を使ってるのか?」と言われて、「はい。背中に着けてます(笑)」とか言って大笑いしました。けれども、東京で何度かおこなったときにはそういうフィードバックをもらったことはありませんでした。

僕の個人的な経験からは、普段自然の中で体を使って仕事をしている人(農家の方など)の方がエネルギーを感じやすいし、体にスムーズにエネルギーが入っていきやすい。それに比べて思考をメインに使うような仕事で自律神経に過剰にストレスがかかっているような人はエネルギーを感じにくい傾向があるのではないかと思います。エネルギーを感じるにはリラックスして感覚を開くのが大事ですから。

 

オニグルミ

オニグルミ

 

僕自身思考優位なタイプなので最初エネルギーを感じることは苦手でした。けれども、リラックスして感覚を開くことを続けて行けばそれなりに感じられるようになりましたし、自分なりの感じ方の個性のようなものも大事にしようと思えるようになりました。

それともう一つ、思考優位な人のなかには、本来感覚や感情が豊かなんだけれども、補助機能の思考でそれが直接外界にさらされないように守っているような人もいると思います。そういう人にとってフラワーエッセンスは本来の自分に触れるのに物凄く助けになります。最初に実感がなくても、いろいろ試してほしいと思います。続けて行けばきっと「あっ、このエッセンス!」というようなエッセンスに出会える日がくると思います。

関連記事
エネルギーレメディとしてのフラワーエッセンス(2)
エネルギーレメディとしてのフラワーエッセンス(3)
エネルギーレメディとしてのフラワーエッセンス(4)
エネルギーレメディとしてのフラワーエッセンス(補足)
エネルギーレメディとしてのフラワーエッセンス(5)
エネルギーレメディとしてのフラワーエッセンス(6)

フラワーエッセンスヒーリング個人セッション(対面/電話/スカイプ)はこちら→セッションメニュー

 

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。