エネルギーレメディとしてのフラワーエッセンス(補足)

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

※ ここで紹介しているのは、服用ボトルをつくった直後の作業のことです。毎回の服用の際の活性化は10回程度でOKです。

みなさん、フラワーエッセンスの服用ボトルをつくったときに、「活性化」というか統合の作業をされていますか?

あの掌にトントンするやつです。そう、ちょっと怪しげなやつです(笑)。あれを真面目にというか、真剣にやられていますか?あのトントンはエネルギーワークなので、ちゃんとやるかやらないかでかなり違います。

講座などでつくると人前でトントンは気が引ける人もいると思いますから、新しくボトルをつくったときは家に帰って一人になったときに、ぜひやってみてください。

「真剣に」というのは力を込めてとか、念を入れてとかいう意味ではなくて、逆で、リラックスしてしっかりグラウンディングしてハートを開いて花(フラワーエッセンス)とつながってボトルに意識を集中して2分間くらいやります。エッセンスが自分のエネルギーと調和してはたらいてくれることを意図して。試してみてください。

 

関連記事
エネルギーレメディとしてのフラワーエッセンス
エネルギーレメディとしてのフラワーエッセンス(2)
エネルギーレメディとしてのフラワーエッセンス(3)
エネルギーレメディとしてのフラワーエッセンス(4)
エネルギーレメディとしてのフラワーエッセンス(5)
エネルギーレメディとしてのフラワーエッセンス(6)
フラワーエッセンスヒーリング個人セッション(対面/電話/スカイプ)はこちら→セッションメニュー

 

 

太陽法(ノイバラ)

太陽法(ノイバラ)

1 Comment

  1. takahara

    ここで紹介しているのは、服用ボトルをつくった直後の作業のことです。毎回の服用の際の活性化は10回程度でOKです。

    Reply

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。