モンキーフラワー・フォーミュラ(3)…五芒星の組み合わせ

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

モンキーフラワー・フォーミュラ(2)からの続きです。(2002年6月に School of Healing Arts and Sciences 主催で行われたハワイ島でのリトリートのフラワーエッセンスを使った取り組みについて書いています。)

 

水への恐れ、海に対する怖さに取り組むためのフラワーエッセンスはミムルスをメインにしようと決めた後、いろいろ考えていて次のようなフォーミュラを思いつきました。

モンキーフラワー・フォーミュラ

当時はまだフラワーエッセンスのプラクティショナートレーニングに入って1年ほどしか経っていなかったので、ひたすら頭で考えてつくったフォーミュラだったかもしれません(^_^;) FESにはミムルスと同じ属の植物から作られたエッセンスが4つあり、共通のテーマとして恐れと恐れを超えて直面する勇気がテーマになっています。

花の色が紫のパープルモンキーフラワーは精神的なアイデンティティに関して、ピンク色のピンクモンキーフラワーはハートを通して触れ合うことに関して、オレンジのスティキーモンキーフラワーは肉体的な触れ合い、親密さに関して、赤のスカーレットモンキーフラワーは怒りなど強い感情を表現することに関して、それぞれ恐れがテーマになっています。だいたいチャクラの色対応という感じですね。

これだけ、恐れに関連するフラワーエッセンスを集めてフォーミュラをつくると、たいていは無意識的な深い恐れが刺激されると思います。なので、むやみに試さないでくださいね。

けれども、使う人に能動的な意図があってそれなりの覚悟がある場合には、このような組み合わせが真価を発揮してくれると思います。この組み合わせをハワイ島に行く少し前から服用し始め、ハワイ島にいる間かなり頻繁に服用しました。そのときの経験は・・・

 

(続き ⇒ モンキーフラワー・フォーミュラ(4)…シュノーケリング初体験

 

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This