フラワーエッセンスと、ネガティブと、ドラゴンについて-4

 

一連の記事の出発点は、飛ぶフラワーエッセンス教室がどこを目指しているのか、何を大事にしていこうとしているのかを、僕自身確認する意味も含めて書き始めたことでした。

・目指すところ、大事にしているもの、大きな柱
フラワーエッセンスを通して内側の自然との関係をより豊かなものに
内側の自然への信頼を育てる
内側の自然を安全に守るための器を育てる
自分の人生をドングリの挑戦として振り返る…原因ではなく意味を

・目指すものを実現する過程で経験することをどう乗り越えていくか
内面の旅の途中で出会うドラゴンについて
フラワーエッセンスと、ネガティブと、ドラゴンについて(ネガティブな気持ちとドラゴンの関係)
フラワーエッセンスと、ネガティブと、ドラゴンについて-2(私とドラゴンの関係)
フラワーエッセンスと、ネガティブと、ドラゴンについて-3(「私」の体系の現実とドングリの現実は違う)

 

フラワーエッセンスを服用して起こることと「私」の体系の変化

フラワーエッセンスを服用し始めて、まず起こることは、意識と無意識のバランスが変化し始めるということだといわれています。

それは「ドラゴン」のような深い無意識ではなくて、「私」の体系の中でもいつも光があたっているところと、それに比べて光があたりにくいところのバランスといった感じです。

そのバランスが変化し始めたときに実際に経験しやすいのは、たとえば服用を始めて最初の数日眠かったり、逆に意識がクリアになったり、とても印象的な夢を見たりといったような、睡眠の質やパターンに関連した変化です。

あるいは、緊張が緩んでリラックスしたり、体が休息を必要としていることを実感したり、活力が回復したりといったこともあります。意識していないと、それがフラワーエッセンスによるものかどうかはっきりしないこともあると思います。

 

そして服用を続けて、「私」の体系の中でもいつも光があたっているところと、それに比べて光があたりにくいところのバランスが変化してくると、それまで意識の隅っこにはあったけれども、ほどんと意識することがなかったようなことが意識され始めるということが起こってきます。自分自身について「気づく」経験です。

たとえば、セントーリを飲んで、今まで平気、いや、あまり平気とも意識していなかったけど、本当は私、いやだったんだー!とか。ふと、そういうことに気づくことがあります。

そういう気づきが起こることによって、自分や周りへの見方が変わって行動や振る舞いが変化していくということにつながります。「平気」と思っているときには「いやだ」と表現するという選択肢はないわけですが、「いやだ」という自分の気持ちに気づくと、どう行動するかという選択肢が増えて自由度が増すわけです。

こういう変化はあまり意識にのぼらないまま起こることもあるかもしれません。気がついたら落ち着いていたとか、気がついたら楽になっていたということもあるでしょう。自分の内側に意識を向ける時間がもてないほど忙しかったりすると、余計に意識にのぼることは少ないかもしれないですね。

 

大まかにいって普段日常的にフラワーエッセンスを使うときは、言い換えると「私」の体系の範囲でフラワーエッセンスを使うときはこんな感じだと思います。じゃあ、ドラゴンに出会うのはどういうときか、たましいの現実に触れるのはどんなときか、そのときにどんなことが起こるかということを次に書いてみたいと思います。

(つづき ⇒ 「フラワーエッセンスと、ネガティブと、ドラゴンについて-5」

 

ノイバラ(2017/2/19)

ノイバラ(2017/2/19)

トラックバック / ピンバック

  1. フラワーエッセンスと、ネガティブと、ドラゴンについて-9 | フラワーエッセンスヒーリング Seeds of Agnelica - […] この第1段階~第2段階は、「フラワーエッセンスと、ネガティブ…

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This