河合隼雄先生の言葉

・・・僕らの仕事の物凄いむつかしいところなんです。

その子の立場に立ってというか、

その子に心を開いてということと、

その子にこちらがなんかしてやるのとは違うんですねぇ。

 

ところが、どーーーしてもはじめは、ついしてやることになります。

これはもう物凄い恐ろしいことです。

 

あの、偉そうに言ってますが、

今でも私は自分でそう思います。

 

もうこんなむつかしいことはありません。

 

その、心は開いているけれども、

何もしないなんてのは、

こんなむつかしいことはないですね。・・・

 

講演「現代人と心の問題」より引用

Share This