暗闇の中にいるときに、してほしいこと

★この記事は更新から1年以上経過しています★

先日飛ぶフラワーエッセンス教室SEED3の第8回目(10回で修了)のクラスで、転移/逆転移についてやったのですが、そのときに「自分が暗闇にいるときに、してほしいことは何か、してほしくないことは何か」といった話し合いをしました。

だいたいみんな共通していて、

こころの通じる人がただいてくれること。気持ちを共有してくれる人が余計なことをしないでただいてくれること。アドバイスとかされたくない。

世界に一人でいいから、気持ちを共有してただ一緒にいてくれる人がいたら、人はどんなに勇気づけられるだろう。癒し手にできる最大のことはそれなんじゃないかと思います。自分とは違う他者にこころを尽くしていっしょにいるけど、余計なことをしない。種子はその人の中の自然の力によって発芽するから。

でも、これほど言うは易し、行うは難しはないですね。

相手のために自分の意見や価値観を脇に置いてこころを尽くすことができて、種子はその人の中の自然の力によって発芽することが骨身にしみてわかっていて、傍にいてたじろがずに希望の光を見続けることができたら、できるのかな。

果てしなく遠い道のりですね。到達点は遥か彼方の霧の中って感じです。でも、一日一日そこに1mmでも近づけたら、うれしいですよね。

スターオブベツレヘム

 

 

 

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。