螺旋に続く内面の旅と、いのちのメタモルフォーゼ

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

僕らは二つの旅を続ける。

外側の旅と内側の旅。

外側の旅は皆に等しく刻まれる時間。

内なる旅は螺旋に続くたましいの時間。

 

ときには二つの折り合いがつかなくなって

僕らは道に迷う。

 

目指した灯火は幻と消え

暗い空は何も言わない。

 

まっすぐに来たつもりの道は

背中で曲がりくねっていると気づく。

いったい何を生きてきたのだろう。

 

生きている意味は何かと

月に問う。

 

生きてる意味は何かと

花が問う。

 

 

 

そうしてはじめて月の声に耳を澄ます。

花の声に耳を澄ます。

わたしの声に耳を澄ます。

 

声にならない声を聞く。

決して消えることのない灯火の歌を聞く。

 

再び僕らは歩き始める。

答えのない中から続ける

螺旋の旅。

 

こころを決めて

顔を上げて。

 

いつか二つの旅が出会い

一つに溶け合うとき

 

僕らの背中で曲がりくねった道は

たましいと灯火をつなぐ

まっすぐな道と知る。

 

旅はつづく。

たましいの時間の螺旋の旅。

 

——————————

 

※秋からワークショップJOURNEY1「バウンダリーと内面の子ども~世界と自分との関係を癒す」が始まりました。このワークショップはバウンダリーの形成と内面の子どもに影響を与える4つのアーキタイプ(純真な子ども、孤児、戦士、ケアの与え手)に注目して、フラワーエッセンスを使ってそれらに取り組んでいきます。それによって内なる子どもがより安全に感じながら内面の旅を続けられるようにしよう、というワークショップです。

 

スターオブベツレヘム

 

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This