誰の心の奥にもある、ずっと大切にしてきた領域は、

自分でもあまり意識したことのないような、

心の中に眠っている種子のようなもので、

自分が自分のままでいいんだという感覚は、

それと僕らがどんなふうにつながっているかということに

関係あるんじゃないかと思います。

 

心の中に眠る種子にとって

光や水が得られる環境はどんなところでしょう。

種子が自分の力で芽吹くことを

信頼して見守る眼差しのある場ではないかと思います。

春になればサクラが咲くことを

僕らが信じて疑わないのと同じように。

 

けれども、僕らは普段経済活動や消費活動に忙しいし、

周りに気を使うことに忙しくて、

外側のことで精いっぱいなので、

自分の内に眠っている種子のことなんかにかまけてはいられない。

そんなことをしてたら、つまずいて転んでしまう。

 

そうやって過ごしてきた僕らは、

人生のどこかで、何かをきっかけにして、

自分の種子ってなんだっけ?と思うことがあります。

えーっと、自分って誰だっけ?

 

もし、そういうタイミングが訪れて、

自分の種子のことが気になり出したら、

フラワーエッセンスは大きな助けなってくれます。

外側の雑音で聞き取ることの難しかった種子の声に

耳を傾けることを助けてくれます。

 

種子が芽吹くことを信じる力は、

自分で身につける以外にない力です。

それでも、それを信じて見守る他者の眼差しは、

心の中に眠る種子にとって、

芽吹くための光となり、水となる。

そう思います。

 

Share This