何気なく、YouTubeを見ていたら、河合隼雄先生の京大退官直前の最終講義(1992年)の動画があった。

これをたまたまNHKの放送で見たことが、今の活動の出発点の土台になっているといっても過言ではない。

この講義の内容は書籍にもなっていますが、久しぶりに講義の映像を見ることができてとてもうれしい。

まったく色あせない内容と、河合先生の当時のエネルギーに触れることができて、勇気づけられた。


 

Share This