解体と再構築

★この記事は更新から1年以上経過しています★

ホーンビームの葉

昨日のバッチ医師の命日に考えたこと。

彼が新しい可能性を信じて古くなった自分を捨てるという決断に何度となく正面から向き合って、他の誰かではない自分の答えを出し続けたからこそ、こうして今私たちの手にフラワーレメディがあるのだろうということ。そのことへの感謝とそれにどう応えるか。

「新しい可能性を信じて古くなった自分を捨てるという決断」、なんて言葉では簡単に言えるけど、それがどれほど簡単ではないか私たちはよく知っています。たとえ可能性の予感があってたとしても、慣れ親しんだ価値観や、やり方を捨てるのは本当に勇気がいります。

いってみればそれは「古い自分の解体」。生きていればそういう「解体と再構築」はいろんな周期で重なりあって常に起こっているのでしょうね。一日の中での小さな解体と再構築もあれば、人生で何度かの解体と再構築もある。それは今落葉樹が葉を落として春の準備をするような心の自然のプロセスなのでしょう。

けれども、その自然のプロセスに必死で抵抗する自分もいるんですよね。いろいろ理由つけたりして自分を納得させてね。自分が一番こだわって大事にしてきたつもりのものが実は一番古くなっていたりして…。でもまあそれも自分やからその自分と一緒に行けばいいね。

冬至に向けて最も闇が深くなるこの季節に、自分の中の古くなった葉っぱを見つけて大地に落として行こうと思います。

 

 

1/17, 2/21 – フラワーエッセンスヒーリング大阪12/21, 22 – フラワーエッセンスヒーリング@東京フラワーエッセンスヒーリング京都

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。