夢の見方

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

 

どんな夢を見るかは、夢に対する態度によって変わる。

と思います。

夢に真剣に問いかければ、

夢はちゃんと応えてくれると思います。

 

優れた心理療法家のところへ行きはじめて夢が変わったりするのは、

夢に対する態度が影響を受けるからだろうと思います。

 

僕らが変えることができるのは意識的な態度なので、

その意識的な態度をどのように無意識に開いておくかというのが大事だろうと思います。

 

開いておくためには、

やはり無意識に対する信頼と畏れとユーモアをもって

わかったような気にならないことかな。

そうそう「でっかい、かたい頭」にならないこと(爆)

 

他人の夢はもちろん、自分の夢でさえ、

乾いた解釈をあてはめてしまったとき、

失われるものがあるんじゃないかな。

 

それより、夢の物語自体を味わったり、

夢のテーマがどのように変わっていくかを読んだり、

次に同じような夢をみたら、ちょっと勇気を出して○○してみようと決めたり・・・

そういうことの方が夢を尊重しているように思います。

 

夢に何をどんなふうに問いかけるか、

夢にどんな態度で接するかで、夢は変わると思います。

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This