Seeds of Angelica ★ Newsletter 第17号 (2017/1/1)

あけましておめでとうございます。


新しい年が

みなさま、お一人お一人にとって

幸運と共に豊かに開けていく、

そんな年になりますよう

心からお祈りします。
ドングリは、誰に教えてもらわなくても、完璧なオークの木になるすべを知っている

「ドングリは生まれた木から

何千キロも離れたところに運ばれ、

誰に教えてもらわなくても、

完璧なオークの木になるすべを

知っている」*1

これはエドワード・バッチ医師が

1936年に書き記した言葉。




すべての人の中には

他の誰かではない「私」の木になる

ドングリが眠っていて、

ドングリは自分の力で芽吹いて

自分の力で「私」の木に

なっていくすべを知っている。

それは僕らの内なる自然の力。



けれども、僕らはたいてい

なぜ芽吹くことができるのか、

いつ、どんなやり方で芽吹くのか、

前もって知らない。



だから、ときにはこう思う。

「ドングリなんて、

最初からなかったんだ・・・」と。

そうして、ドングリの声に

耳を傾けるのをやめてしまう。



Seeds of Angelica が思い描くのは

僕ら一人ひとりの内に眠る

ドングリの力を

信頼する人が

フラワーエッセンスといっしょに

広がっていくことです。

思い描くのは、

ドングリを信頼する力を

身につけた人が、

時には何百キロ、何千キロと

離れたところに運ばれて、

完全な私の木に

成長していこうとする姿を

その場、その場で

生きていかれることです。

そうすれば、その場、その場に

個性豊かな「私」の木が

成長していきます。

そうすれば、

その木の周りには、

ドングリを信頼する力をもった

ドングリがまた芽吹きます。

ドングリを信頼する力は

人から教えてもらうことのできない

自分で身につける以外にない力です。



けれども、世界に一人でもいい。

ドングリの力を身につけた人が

自分を信頼して見守ってくれている。

もしそう信じられたら、

どれほどそれが

自分の中のドングリに

力を与えてくれるだろうと思うのです。



Featured Flower Essence : Wild Oat

自分が存在することには意味がある



バック医師は

たましいが基本的な形で

方向を見出すのを助けるエッセンスとして、

ワイルドオートとホリーをあげています。



ワイルドオートは、

私が世界に存在することには

意味があるという感覚。

その意味を思い出し、

喜びをもって取り組むことで、

世界(他者)に貢献することができる

という感覚をもつのを助けます。



ワイルドオートは

まさにドングリの声に

耳を傾けるのにぴったりです。



たとえば、

いろいろなことを試してみるけれども

なかなか本気で取り組むことが

見つけられない人。



人生のいろいろな段階で

現状に満足できなかったり、

意味を見出せないとき。



また、新しい機会、

新しい経験、

新しい人間関係などに、

自分自身を開いておきたいときに。



【ブログ記事】

12/17 「クリスマスとホリー(セイヨウヒイラギ)、そして冬至

12/21 「ドングリは誰に教えてもらわなくても、完璧なオークの木になるすべを知っている

12/24 「ドングリは私を超える自然の力、完全な私の木になるすべを知っている

12/27 「ドングリは芽吹く前に安全な場で眠る

12/28 「植物園へ行こう!・・・植物園で見られるバッチフラワーレメディの植物

12/29 「寒さを吹きとばせ!・・・冬の植物園でフラワーエッセンス関連の植物観察
Facebook
Website
Email
Twitter
Copyright © *|CURRENT_YEAR|* *|LIST:COMPANY|*, All rights reserved.
*|IFNOT:ARCHIVE_PAGE|* *|LIST:DESCRIPTION|*

Seeds of Angelica:
*|HTML:LIST_ADDRESS_HTML|* *|END:IF|*

Newsletter講読設定
登録情報変更 or 講読解除(unsubscribe)

*|IF:REWARDS|* *|HTML:REWARDS|* *|END:IF|*