マタタビの木

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

今日久しぶりに大原(京都)に行ってきた。

行く道路沿いに白く色づいている葉っぱを発見。

マタタビ!

よく見るとおじさんが葉っぱを摘んでる。

帰りに寄ってみよ♪

 

マタタビ(Actinidia polyga)

 

帰りもまだおじさんはいて、やっぱり葉っぱを摘んでいる。

車を停めにくい場所だったが、とにかくゴーインに停めて、

ガードレールを隔ててはいるものの、びゅんびゅん車が通っていくすぐそばで

「マタタビですか?!」

と大声で叫ぶ。

「そうや」

「写真撮らせてもらっていいですか?」

「ええよ」

 

おじさんは、マタタビ茶を作るために葉っぱを摘んでいること、

葉っぱが白くなるのは虫をおびき寄せるためであること、

花は葉っぱの後ろに隠れて咲くこと、

虫が入ると実が虫こぶになること(下の写真)、

などプチ講義を受けた。

 

マタタビ(Actinidia polyga)

 

写真を撮っていると、おじさんは若い枝を折って輪っかに丸めて、

「猫にやったら喜ぶわ」

「いや、うち猫いないんで」

「近所の猫にやったらええ」

「・・・ありがとうございます!」

 

もらってきた枝は挿し木にしました。

ちょっとだけ自分でもかじってみたけど。

きっと育ってくれると思うな(^-^)

来年は花に会いに行こう!

 

マタタビ(Actinidia polyga)

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This