チェリープラム観察会パート1終了!パート2は4/1

2022年5月15日

昨日はチェリープラムの観察会のパート1でした。花はまだ2つしか咲いていなかったのですが、蕾の状態だからこそ観察できたことがありました。

チェリープラムの花は雪のように白い印象がありますが、その白の中にある赤みを帯びた部分。それが緑の蕾からどんなふうに現れてきて、花が咲いたときどんなふうに残るか・・・。

カタクリの花を観察したり、ホーンビーム、ホワイトチェスナット、オークなどの樹皮に触れた時の感覚の違いを確かめたり、近くでドングリの芽吹きを観察したり・・・。楽しい一日でした。

チェリープラム観察会(2017/3/25)
チェリープラム観察会(2017/3/25)
チェリープラム観察会(2017/3/25)
チェリープラム観察会(2017/3/25)

先入観を捨てて、

チェリープラムだとかということも忘れて、

植物を擬人化して見たりすることもやめて、

ただ自然の形や色をたどる。

ただ手に伝わってくる感覚や匂いを経験する。

それは僕らの中にはたらいている、僕らを超える自然の力に耳を澄ますこと。

チェリープラム観察会(2017/3/25)
ドングリはこんなふうにに芽を出すのか?!
チェリープラム観察会(2017/3/25)
チェリープラム観察会(2017/3/25)
ホーンビームの幹に触れてみる
チェリープラム観察会(2017/3/25)
カタクリの観察
チェリープラム観察会(2017/3/25)
カタクリ
チェリープラム観察会(2017/3/25)
観察したことをシェア
チェリープラム観察会(2017/3/25)