fbpx

トチノキとセイヨウトチノキ(ホワイトチェスナット)の冬芽

アメリカアカバナトチノキ、ベニバナトチノキ(レッドチェスナット)と来たので、トチノキとセイヨウトチノキ(ホワイトチェスナット)の冬芽と比べてみましょう。

アメリカアカバナトチノキ、ベニバナトチノキとの違いの一つは、トチノキやセイヨウトチノキの冬芽は粘液に覆われていること。写真ではちょっと光って映っています。

最初の2枚が日本に自生しているトチノキ、3枚目以降がセイヨウトチノキ(ホワイトチェスナット)です。最後の写真はちょうど冬芽が展開しはじめているところなので、チェスナットバッドのエッセンスがつくられる状態ですね。

 

トチノキの冬芽(2016/3/30)
トチノキの冬芽(2016/3/30)

 

トチノキ(2014/4/17)
トチノキ(2014/4/17)

 

 

ホワイトチェスナット(2017/4/4)
ホワイトチェスナット(2017/4/4)

 

ホワイトチェスナット(2017/4/16)
ホワイトチェスナット(2017/4/16)

 

ホワイトチェスナット(2017/4/16)
ホワイトチェスナット(2017/4/16)

植物観察

Posted by admin_takahara