センブリはリンドウ科の植物です。バッチのエッセンスだと、ゲンチアンやセントーリの仲間ですね。
 
センブリは2年草です(バッチのゲンチアンやセントーリも2年草です)が、2年草は1年目をロゼットで過ごして、花をつけるのは2年目です。そして種子をつくって2年で枯れていきます。このサイクルがとても興味深いです。

 

個人的には、この辺の植物のジェスチャーがゲンチアンやセントーリが目覚めさせてくれる自分自身への信頼と関連があるのでは・・・・なんて考えたりします。

 

で、センブリです。センブリも2年で下の写真のように枯れてしまいます。それでまた新しい種が落ちて芽を出します。じゃあ、1年目はどうしているかというと、花をつけずに過ごします。1年目のセンブリは2年目の姿からちょっと想像できないような姿です。この辺が物凄く興味深い!

まずは、2年目の今(冬)のセンブリの姿から。今はこんな感じです。枯れてもずっとしっかり立っています。

2月のセンブリ

2月のセンブリ

下の写真は昨年の秋に同じ自生地で撮影したものです。この花の美しさ!!

この花が咲いているものが2年目の秋のセンブリです。そして、ロゼット状の葉がついているものが1年目の秋のセンブリです。葉の形がぜんぜん違いますね!このメタモルフォーゼが!!!

最後の写真は1年目の冬のセンブリじゃないかなと思うものです。昨日撮影しました。

10月のセンブリ

10月のセンブリ

2月のセンブリ

Share This