観察中のリンドウ科の植物 – 3」で自生地のセンブリの蕾の写真をアップしましたが、昨日再度行ってみると、花が咲いていました。

育てているものと比べて見ると(観察中のリンドウ科の植物 – 5)、花弁の外側の紫色の濃さとか、雄しべの長さなど、違いがあります。

下の写真はすべて自生地のものです。自生地は山の中で周囲に木が生えていて、日当たりがよいとはいえないようなところです。

日陰の山の中でこの小さな白い花を見つけると、そこだけ光が射しているような感覚がして、かなりうれしい体験です。

 

センブリ(2018/10/21)

センブリ(2018/10/21)

 

センブリ(2018/10/21)

センブリ(2018/10/21)…クリックで拡大

センブリ(2018/10/21)

センブリ(2018/10/21)

Share This