植物観察基礎講座「ドクダミ」の参加者の方の感想

植物観察基礎講座「ドクダミ」の参加者の方の感想

植物観察基礎講座「ドクダミ」の参加者の方の感想

昨日は「フラワーエッセンスのための植物観察基礎講座:ドクダミ」のオンライン講座でした。

この講座は、ゲーテの自然観察のアプローチをベースに

身近な植物を実際に観察してみることで、

フラワーエッセンスと植物と心の関係を

体験的に理解するための基本を学ぼうというものです。

講座というより、ワークショップで、

各々発見したことを自由に発言してもらうのですが、

えーっ!茎が赤い!」とか、

葉っぱの縁も赤い!」とか、

葉柄と同じように茎にも溝があります!」とか、

4枚の総苞片の大きさが違う!」とか、

花の匂いはあの匂いと違うー--!」とか・・・

とにかく目の前のドクダミに意識を添わせて

発見をシェアする楽しい時間です(^^)

そのなかでいくつか伝えたいポイントがあるのですが、

参加者の方(T.Oさん)が感想を送ってくださったので、

それを読んでいただくほうが伝わるかなと思い、

T.Oさんに了解をとって公開していただくことにしました。

T.Oさん、ありがとうございます。

自分の世界に植物を招くのではなくて、自分の世界を出て植物の世界を見る

昨日はありがとうございました。とても楽しい時間を過ごす事ができました!

ドクダミの絵を、さっそく思い出して描いてみました。

(註:植物の細部にまで意識を届けて、形や色を理解するには、スケッチするのが一番いいですね。芸術性は関係ありません。目の前の植物の姿かたちを紙の上に再現してみると、私たちはその形や色を体験することができます。)

高原さんが仰っていたように、意外と覚えているところもあり、特に自分が丁寧に観察した所(私の場合は葉脈)は、覚えているものなんだなぁと思いました。

(註:観察した翌日、思い出して描いてみるということをおすすめしました。これは植物の姿かたちやその変化の過程が自分のなかでリアルに根付くのを助けます。)

ただ、実際に観察しながら描いたドクダミの方が、なんだか生命が宿っているような気がして、思い出して描いた方は、どこか平面的でのっぺりとした感じがしました。

やはり、実際に観察して描くということは、植物の生命を絵の中(紙)に取り込んでいく、そんな神聖な作業なんじゃないかなとも思いました。

(註:!!)

講座を受けみて、そういえば学生の頃、理科の植物の仕組みの授業が好きだったということを思い出しました。

あと、観察する上で、自分の世界に植物を招くのではなくて、自分の世界を出て植物の世界を見る。という事がとても印象的でした。

高原さんの仰ったように、人間関係においても大切であり、子育てにおいても、とても大切なような気がしました。

「あなたの世界を尊重します」

そんな態度で、子ども達の世界を観察していきたいなと思いました。

感想がとても長くなってしまいましたが、植物を観察する事が、こんなにも奥深いものだという事を知って、どうやら植物の沼に落ちていきそうです笑

(註:深い沼へようこそ(^^)/)

これからも少しずつ、植物のために時間を使っていきたいと思います。

ありがとうございました。

T.Oさん


読んでくださってありがとうございます。もし、この情報が心に響いたら、下の💚のボタンを押していただけるとうれしいです。

(註:もしよければ以下の記事「他者に出会う~ゲーテ的な植物観察のアプローチに学ぶこと」を参考にしてください。)