オークとホーンビームの冬芽、セイヨウハルニレの蕾

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

大阪市立大学附属植物園のチェリープラムが植えられている区画には、小さな木ですがオーク(ヨーロッパナラ)とホーンビーム(セイヨウシデ)も植えられています。それぞれの冬芽は今、こんな感じです。

オーク(ヨーロッパニレ)

DSC_2759

 

ホーンビーム(セイヨウシデ)

DSC_2742

 

セイヨウハルニレ

またこの区画には、エルム(ヨーロッパニレ)の仲間のセイヨウハルニレも植えられています。セイヨウハルニレの樹形はエルムよりも少し縦長な感じですね。幹から枝先に向けて枝が細かく分かれていく様子はエルムの方が特徴的です。

セイヨウハルニレの枝先を見ると、すでに蕾がついていました。昨年の開花のときの写真と比べてみてください。

 

セイヨウハルニレ

セイヨウハルニレ(2016/1/31)

 

セイヨウハルニレ

セイヨウハルニレの蕾(2016/1/31)

 

セイヨウハルニレの開花(2015/3/22)

セイヨウハルニレの開花(2015/3/22)

 

3月26日(土)のチェリープラム観察会の仮予約は席が半分埋まりました。(日程確定は2月末ごろ)→チェリープラム観察会

3月27日(日)から飛ぶフラワーエッ センス教室SEED1京都の第5期が始まります。→京都SEED1

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This