ホーンビームの樹と冬芽

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

ホーンビーム(セイヨウシデ、ヨーロッパシデ)の樹は触ってみると、めちゃくちゃ密度が高くて硬い感じです。昔は馬車の車輪や歯車にも使われたそうで、その硬さがわかりますね。けれども、春に芽吹いてきた葉はめちゃくちゃ柔らかいです!ホーンビームはそういう両面をもっている樹なんですね。樹齢を重ねると樹皮に「筋肉のような」うねりが出ると言われていますが、まさにうねっているのが写真でもわかると思います。

 

ホーンビームの幹

ホーンビームの幹(2016/2/10)

ホーンビームの幹

ホーンビームの幹(2016/2/10)

ホーンビームの冬芽

ホーンビームの冬芽(2016/2/10)

ホーンビームの冬芽

ホーンビームの冬芽(2016/2/10)

 

3月27日(日)から飛ぶフラワーエッセンス教室SEED1京都の第5期が始まります。→京都SEED1

フラワーエッセンスヒーリング個人セッ ション(対面/電話/スカイプ)はこちら→セッションメニュー

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This