カタクリの花

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

日本でチェリープラムの花の咲く時期はちょうどカタクリの花の咲く時期でもあります。昨年の観察会のときもその美しい花を見ることができました。

大阪市立大学附属植物園の情報によると、今年もカタクリの花が咲き始めたようです。

カタクリはスプリング・エフェメラル春の妖精)と呼ばれ、地上に姿を現す期間は4~5週間で、花の時期は2週間程度で終わってしまいます。後の時期はずっと地中で休眠しています。しかも、発芽から開花までには7~8年かかると言われています。

同じ属の花のエッセンスとしては、FESのフォーンリリーがあります。

今年の観察会でも見られるかな。楽しみです。(写真は昨年のもの)

カタクリの群生(2015/3/15)

カタクリの群生(2015/3/15)

カタクリの蕾(2015/3/15)

カタクリの蕾(2015/3/15)

カタクリの花(2015/3/22)

カタクリの花(2015/3/22)

カタクリの花(2015/3/22)

カタクリの花(2015/3/22)

 

 

チェリープラム観察会

red-chestnut

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。