レッドチェスナット(ベニバナトチノキ)の冬芽が膨らんできました

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

レッドチェスナットの様子を見に、京都府立植物園へ行ってきました。一部の冬芽が膨らみかけたところです。ここから一気に伸びて開いていきます。(5/7(土)フラワーエッセンス植物観察会「レッドチェスナット」@京都府立植物園

 

レッドチェスナット(2016/3/30)

レッドチェスナット(2016/3/30)

 

レッドチェスナットAesculus x carnea)はホワイトチェスナットセイヨウトチノキAesculus hippocastanum)とアメリカアカバナトチノキAesculus pavia)の交配種ですが、京都府立植物園にはレッドチェスナットとアメリカアカバナトチノキがあります。セイヨウトチノキはないのですが日本のトチノキ(Aesculus turbinata)もあります。

3月30日時点での冬芽の様子をレッドチェスナット、アメリカアカバナトチノキ、トチノキで比べてみましょう。粘液におおわれているのはトチノキのみですね。

 

アメリカアカバナトチノキ(2016/3/30)

アメリカアカバナトチノキ(2016/3/30)

 

トチノキ(2016/3/30)

トチノキ(2016/3/30)

 

レッドチェスナットの花を観察します。→5/7(土) フラワーエッセンス植物観察会「レッドチェスナット」@京都府立植物園

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This