4月14日のセイヨウトチノキ(ホワイトチェスナット)

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

3月26日のときには葉が展開し始めたばかりで、まだチェスナットバッドの状態のものもあったのですが、4月14日にセイヨウトチノキ(Aesculus hippocastanum)の下から上を見上げると、すでにあの緑色の、大きなヤモリの手のような葉が微かに風に揺れていました。この時期の植物は少し様子を見に行かないと、全然姿を変えていたりします。

僕はセイヨウトチノキやトチノキの葉が風に揺れる様子がたまらなく好きです(^-^) 残念ながら下からは蕾がついているかどうか確認できませんでした。(大阪市立大学附属植物園)

 

ホワイトチェスナット(2016/3/26)

ホワイトチェスナット(2016/3/26)

 

ホワイトチェスナット(2016/4/14)

ホワイトチェスナット(2016/4/14)

ホワイトチェスナット(2016/4/14)

ホワイトチェスナット(2016/4/14)

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This