4/23 オリーブの花芽

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

2013年の春に小豆島でAFET主催のオリーブの観察会をやったとき、僕ははじめてオリーブとゆっくり時間を過ごしました。それまではイタリアンレストランの店先のオリーブくらいしか知らなかったのですが(^_^;)、オリーブ畑の中の樹齢50年以上のオリーブたちに囲まれて、海から吹く風に吹かれてゆっくり時間を過ごしました。

そのときに分かったのは、オリーブの根は深くないということ。僕は勝手にフラワーエッセンスの作用などから想像して、きっと大地深く根を下ろす植物なんだろうなと思っていました。けれども、オリーブと一緒に時間を過ごしてみると、なんか違う感じがしたのです。もっと軽い、というか軽やかというか。

後でわかったことですが、実際に根は深くないそうです。だから台風などのときに根こそぎ倒れてしまったりすることがあるそうです。

そして、僕が「オリーブ時間」と呼んでいる時間の流れ(笑)。オリーブと一緒にいると普段と時間の流れが違う感じがするのです。イタリアやスペインには2000年を超えるような樹齢のオリーブが生きていると聞きます。そんなオリーブと一緒にいると、一日をがーっと走り抜けるように生きている自分がなんだか滑稽に見えてきたりもしました。

 

そのときに小豆島から連れて帰って来た鉢植えのオリーブが2本、我が家のベランダにはあったのですが、1本は昨年枯れてしまい、1本だけになっていました。そのオリーブがなんと今年はじめて花芽をつけました。ありがとう、オリーブ!

 

オリーブ(2016/4/23) オリーブ(2016/4/23) オリーブ(2016/4/23)

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This