レッドチェスナットの観察会、終了しました

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

昨日はレッドチェスナットの観察会でした。数日前の天気予報は雨だったのですが、天候はくもり。晴天で強い紫外線を受けるより返ってよかったかもしれません。

レッドチェスナットは満開で、先週来たときには上部はまだ蕾の花序があったのですが、あの紅色の花が木全体を柔らかく、そして力強く覆っていました。

 

いつも思うのですが、人が花に向き合っているときの姿って本当に美しいです。

 

フラワーエッセンスの植物観察は、まず主観や先入観を脇に置いて植物が現にどうかということを調べたり、形や色をできるだけ忠実にスケッチしたりするところから始めます。

フラワーエッセンスの性質はこうだから、花はこうなんじゃないかとか、本に書いてあったからこうだな、みたいなことをいったん忘れて、目の前の植物に向き合います。誰かが言ったことや自分の想像ではなくて、とにかく目の前に現に存在する植物に意識を集中します。

そうやって作業を進めていった結果、目の前の植物から自然に自分の心に響いてくるものを大切にしようということです。それが観察した植物と自分とが共有する何かなわけですね。

 

さて、参加されたみなさんはどんな経験をされたのでしょう。観察会の経験が植物を、そして自分自身をもっと好きになることにつながっていけばいいなと思います。

 

レッドチェスナット(2016/5/7)

 

レッドチェスナット観察会(2016/5/7)

 

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。