レッドチェスナットの花のつくり

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

土曜日のレッドチェスナットの観察会、そして昨日の飛ぶフラワーエッセンス教室SEED1とSEED3の新しいサイクルの始まり。充実した週末でした。

今年の京都府立植物園のレッドチェスナットはとくにきれいでした。タイミングもベストだったと思います。

レッドチェスナットって円錐形の花序をしていてたくさん花がついていて、一つ一つの花がどんな構造をしているかがなかなか見えにくいですよね。

 

そこでレッドチェスナットの木の下に落ちていた花を分解してみました。観察会でも参加者の方にやっていただきました。

花弁は4枚、雄蕊は7本、萼は先端が5つに分かれているんですね。花弁の縁はなめらかではなくて細かい不規則な突起(簡単に言うとギザギザ)がたくさんあります。これって葉の鋸歯(ギザギザ)のメタモルフォーゼですよね。それに気づいて額の先端を見るとやはり突起(ギザギザ)が!

それが何って言われると、そうなんですけど、こういう発見って理由なくわくわくします(^_^;

 

レッドチェスナットの花

レッドチェスナットの花

 

 

レッドチェスナットの花 レッドチェスナットの花 レッドチェスナットの花 レッドチェスナットの花 レッドチェスナットの花

レッドチェスナットの萼

レッドチェスナットの雌蕊と萼

レッドチェスナットの花弁

レッドチェスナットの葉

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。