オリーブの花

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

ベランダの鉢植えのオリーブに咲いた花をアップで撮影してみました。

花冠が開くと直径5mmくらい。4枚の花弁、2個のおしべ、1個のめしべが確認できると思います。

やくの色は最初クリーム色がかった黄色で厚みがありますが、時間がたつと(花粉が出て?)茶色くなって小さくなります。

強い香りではありませんが、とてもいい香りがします。ジャスミン、キンモクセイ、ライラックなどと同じモクセイ科の植物ですからね。

 

オリーブは「自家不和合性」という性質をもっていて、自分自身の花粉で受粉することをできるだけ避けようとします。栽培されているオリーブの苗の多くは挿 し木で育てられます。接木や挿し木にによって増えた株のDNAは同じですから、その花粉も自分自身と見なします。ですから、果実をつけるためには通常2品種以上を植えることが必要です。

 

オリーブの花(2016/5/17)

オリーブの花(2016/5/17)

オリーブの花(2016/5/19)

オリーブの花(2016/5/19)

オリーブの花(2016/5/19)

オリーブの花(2016/5/19)

 

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。