ドクダミ…ちょっとマニアなメタモルフォーゼの目

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

ドクダミの季節ですね。

僕は以前にドクダミを観察していたことがあったのですが、そのときに発見したことをシェアしたいと思います。

こういうのを本を読んでとかじゃなく自分で見つけると、本当にうれしいです(^-^)

 

ドクダミ、といえば「4枚の白い十字」ですね。

あれは花びらではなく「総苞片(そうほうへん)」ですが、総苞片は葉と托葉がメタモルフォーゼしたものじゃないのか!ということを観察の過程で考えました。

 

ドクダミ

ドクダミ

 

まず、総苞片を見ると、4枚の大きさが微妙に違うのがわかりますね。

上の写真ではAが一番大きくて、BとCが同じ大きさで、Dが一番小さい。

これはつぼみの時に総苞片がどのように折りたたまれているかと関係があります。

下の写真を見るとそのことがわかると思います。

 

ドクダミ

ドクダミ

 

そうなんです。Aの総苞片が一番外側、その内側にあるのがBとC、そして一番内側がDです。

この4枚の総苞片の重なり方を見ていて気づいたのです。

これって、葉と托葉(たくよう:葉の根元のちっちゃい葉っぱみたいなやつ)の位置関係とおんなじやん!

托葉ってこれ(↓)です。

 

ドクダミ(托葉)

ドクダミ(托葉)

 

葉と托葉の位置関係(↓)を見ると、4枚の総苞片の重なり方と見事に一致します。

ということは、AとDは葉が、BとCは托葉がメタモルフォーゼしたものが、4枚の総苞片じゃないかと思うのです。

 

ドクダミの葉と托葉の位置関係

ドクダミの葉と托葉の位置関係

 

だから、どうなんだって言われると、自然てすごいなあくらいしかいえないのですが(^_^;)、みなさんはどう思われますか。

 

dokudami_20100605_336

 

 

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。