ヒメキンミズヒキ ・・・アグリモニーの仲間(日本のキンミズヒキ2)

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

ヒメキンミズヒキ

 

先日の記事「日本のキンミズヒキ」でバッチフラワーレメディ(バックエッセンス)のアグリモニーの近縁種として、日本のキンミズヒキ、Aqrimonia pilosa を紹介しましたが、日本には他にもキンミズヒキがあります。

それがヒメキンミズヒキ(Agrimonia nipponica)です。キンミズヒキより小型で、日陰を好みます。

キンミズヒキよりも雄しべの数が少ない(5~8)ですね。花冠の直径は5mm前後。下の写真は2014年(8/14)に取った写真です。

ヒメキンミズヒキ(Agrimonia nipponica)

 

アグリモニー(セイヨウキンミズヒキ)と比べると、まったく別の存在感です。ヒメキンミズヒキでフラワーエッセンスをつくるとどんな作用が現れるでしょうね。下の写真は先日(8月5日)岡山に帰省したときに取った写真です。もしよければ「日本のキンミズヒキ」の写真と比べてみてください。雄しべが少ないことなど確認できると思います。

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This