ヒガンバナ・・・里山の秋の植物

★この記事は更新から1年以上経過しています★

 

毎年、岡山の実家の稲刈りの頃にヒガンバナが咲き始めます。今年も昨日イネ刈りが終わりましたが、田や畑の畦にはヒガンバナの蕾がたくさん見られました。

ヒガンバナはヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。学名はLycoris radiata。クロンキスト体系ではユリ科。花弁(花被)は6枚、雄しべは6本、雌しべは1本です。

稲の収穫時期と重なって、日本の農村の原風景としても物凄く印象的な花の一つだと思います。

 

ヒガンバナ

ヒガンバナ

ヒガンバナ

ヒガンバナ

ヒガンバナ

ヒガンバナ

ヒガンバナ

 

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This