寒さを吹きとばせ!・・・冬の植物園でフラワーエッセンス関連の植物観察

「冬の植物に会いに行こう!」観察会@京都府立植物園

フラワーエッセンスの知識や植物観察の経験がなくても、気軽に参加できるフラワーエッセンス関連の植物の観察会です。さあ、寒さをものともせずに出かけましょう(^_^;)

フラワーエッセンスの性質と実際の植物の特徴との関係を解説しながらゆっくりと園内を歩きます。植物が冬の時期にどんな姿をしているか観察したり、冬に咲く花、ロウバイ、ウメ、スイセンなど観察できたらいいなと思っています。

 

詳細、お申込みは ⇒ 2017/1/28「冬の植物に会いに行こう!」観察会@京都府立植物園

 

以前、観察会に参加された方で、花の時期ではないアグリモニーの葉に触れて、アグリモニーのエッセンスについての理解が深まり、イメージが変わりましたと話してくださった方がいました。植物が冬の時期をどのような姿で過ごしているかは、植物と親しくなる上でとても大切に思います。ちょっと飛躍しますが、人にフラワーエッセンスを選ぶときも、その方の冬の時期に思い至るかどうかは大切なことに思います。

京都府立植物園にあるフラワーエッセンス関連の植物

アグリモニー
ヴァーヴェイン
レッドチェスナット
オリーヴ
トチノキ(ホワイトチェスナットの類縁種)
アカマツ(パインの類縁種)
ノニレ(エルムの類縁種)
ツリフネソウ(インパチェンスの類縁種)
キンミズヒキ(アグリモニーの類縁種)
ベニバスモモ(チェリープラムの近縁種)
オニグルミ(ウォルナットの類縁種)
ブナ(ビーチの類縁種)

【日時】
2017年1月28日(土)
10時30分~12時30分

【会場】
京都府立植物園

【参加費】
2,000円:一般
1,800円:飛ぶフラワーエッセンス教室SEEDの講座を2回以上受けたことのある方

【準備していただくもの】
・筆記用具
・ものさし
・クリップボード
(花の細部を見るのにあると便利:ルーペ)
・歩きやすい靴、防寒対策

※フラワーエッセンス関連の植物とフラワーエッセンスの性質についての情報を掲載した冊子を配布します。

詳細、お申込みは ⇒ 2017/1/28「冬の植物に会いに行こう!」観察会@京都府立植物園

 

 

オニグルミの冬芽

オニグルミの冬芽

 

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This