里山の冬、春の花・・・カンサイタンポポ、オオイヌノフグリ

 

昨日は岡山にいました。いい天気だったのでオオイヌノフグリが綺麗に咲いていました。オオイヌノフグリは早いものは12月とか1月から咲いて、5月ごろまで咲いています。

これまでこの花を見ていて、気温がある程度高くならないと開かないと思うのですが、冬でも暖かい日にはブルーの花弁を開いて、その花弁が冷たい風に小刻みに揺れています。

僕の印象では、冬の中で暖かさ(温かい気持ちとか、希望の種とか)を思いださせてくれるような、そんな感じの花です。

 

 

そして、暖かかったからか、すでにカンサイタンポポも1つだけですが、咲いていました。

カンサイタンポポ

 

冬の中にも、春は息づいていますね。

 

 

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。