Veronica persica (オオイヌノフグリ)について-2

 

前の記事は名前関連のことで終わってしまったので、ここではオオイヌノフグリの開花について。

ちょっとマニアな感じになります・・・(^^;

 

以前(ちょうど7年前)オオイヌノフグリの開花を観察したことがあります。

その時の写真(クリックすると拡大。右下に時刻表示)です。

 

最初の写真(左上)が12時42分。右側の花は完全に開いています。左は開き始めたところ。

左の花は13時ごろには完全に開いて、横から見ると花弁がほぼ水平に。雄蕊には花粉がいっぱい付いています。

右の花の雄蕊には花粉が見えません。すでに受粉した花なのかな。

13時14分には右の花の花冠が落ちてなくなりました。

左の花は日陰になり始めた16時過ぎには少しずつ花弁を閉じ始めます。

 

 

観察して分かったことは、オオイヌノフグリについての解説を読むと、よく一日花と書かれていますが、必ずしも開いた花がその日に落ちるとは限らないことです。

花が落ちるときには花弁と雄蕊がくっついてすっぽり抜け落ち(下の写真)ます。

Veronica_persica

 

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。