チェリープラム観察会パート2終了!

 

大阪市立大学理学部附属植物園でのチェリープラム観察会パート2が終了しました。前日の雨も上がって時折晴れ間がありましたが、春の陽気という感じではなく、この時期にしては気温の低い一日だったと思います。チェリープラムは昨年に比べて1週間以上開花が遅く三分咲きくらい。

チェリープラム以外に、ホーンビームの花も咲き始めていました。日本に自生するホーンビーム(セイヨウシデ)の類縁種のイヌシデとクマシデの花も咲いていました。ホワイトチェスナットも新芽(チェスナットバッド)が展開し始めています。

雨上がりのカタクリの花もじっくり観察できました。日が射してきて花弁がだんだん開いてくる様子をじっくり観察できましたが、カタクリについては改めて・・・。

※関東では筑波実験植物園にチェリープラム(ミロバランスモモ)があります。よかったら花を見に行ってみてください。(植物園に事前に連絡して開花状況を確認されることをお勧めします。)

 

チェリープラム(2017/4/1)

チェリープラム(2017/4/1)

チェリープラム観察会 チェリープラム観察会

チェリープラム観察会 チェリープラム観察会

 

ホーンビーム(2017/4/1)

ホーンビーム(2017/4/1)

 

ホーンビーム(2017/4/1)

ホーンビーム(2017/4/1)

 

イヌシデ(2017/4/1)

イヌシデ(2017/4/1)

 

クマシデ(2017/4/1)

クマシデ(2017/4/1)

 

ホワイトチェスナット(2017/4/1)

ホワイトチェスナット(2017/4/1)

 

チェリープラム観察会(2017/4/1)

チェリープラム観察会(2017/4/1)

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This