フラワーエッセンスの植物観察が目指すところ-3

左脳モードから右脳モードへ

植物観察の目的の一つはできるだけ「植物そのものに出会うこと」「自分と植物の直接の関係を築くこと」です。

 

左脳は見たものを分類して、一般化して、名前をつけて理解したがります。

たとえば、赤い花があったとして、この花は「赤」だと思った瞬間から、僕らはほとんどの場合「花そのものの色」を見ているのではなくて、自分のイメージしている赤を見ています。そしてわかった気になります。

この葉っぱは「ハート形」と思った瞬間から、植物そのものを見るのをやめて、自分の中の「ハート型」のイメージに頼るようになります。

 

フラワーエッセンスの植物観察のスケッチは、その左脳モードを右脳モードへ移行して、花そのものの形や色に出会う経験なのです。

 

★ 関連記事
⇒ フラワーエッセンスの植物観察が目指すところ-1
⇒ フラワーエッセンスの植物観察が目指すところ-2

 

フラワーエッセンス植物観察会

 

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。