オトギリソウの花が咲きました

オトギリソウの花が咲きました

FESにはセイヨウオトギリソウ(セントジョンズワート)のフラワーエッセンスがあり、意識が開き過ぎたり、広がり過ぎていると感じる際の守護として使うことができます。

日本には近縁種のオトギリソウが自生していますが、そのオトギリソウをベランダで育てています。毎年、夏至を少し過ぎたころに咲き始めますが、今年は今朝咲き始めました。まだ、花弁が完全に開ききっていませんが・・・。

オトギリソウには花弁と萼片には特徴的な黒点と黒線があります。この色素はヒペリシンと呼ばれ光感作物質でもあります。この辺りを掘り下げていくと、オトギリソウの光との関係の興味深い物語が見えてきそうですね。

オトギリソウ

オトギリソウ

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。

Shares
Share This