子どものころ身近にあった植物を観察する

子どものころ身近にあった植物を観察する

今年はこの植物(写真)を観察しようと思います。子どもの頃は実家の里山に普通にあった植物です。今はまったく見かけることがなくなりました。以前から気になっていたので苗を購入しましたが、果たして京都の夏を乗り切れるかどうか。この植物と一緒にチャレンジです!

苗が届いてそうそうに気温が30度を超える日があって、5本のうち2本がぐったりしてしまいました。昼間は家の中に入れたり、ファイブフラワー(レスキュー・レメディ)をあげていたのですが、本当にもうダメかなと思いました。そうしたら、雨になり、気温が下がったこともあってか、その2本も復活してきました。

植物の名前はしばらく書かないでおこうかと・・・。

どんな物語が生まれるか、楽しみです(^-^)

 

Swertia_japonica_20180705

Swertia_japonica_20180706

Swertia_japonica_20180705

 

復活しつつある2本

Swertia_japonica_20180706

復活しつつあります!(手前と右の2本)

 

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。

Shares
Share This