ヒガンバナの時間

ヒガンバナの時間

子どもの頃、家族総出の一大イベントだった「稲刈り」が終わる季節と、田の畔に群生するヒガンバナの「赤」とが、僕の記憶の中ではつながっています。

ヒガンバナ(ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草)については、いろいろ書きたいことはあるのですが、今回はヒガンバナが秋のお彼岸の頃に咲くということについて。

とはいってもその理由やメカニズムをわかるわけもないのですが、その事実だけで植物の時間の不思議について感激してしまいます。

 

今月の7日に岡山の実家に帰って稲刈りや草刈りをしたときには、まだまったくヒガンバナが地上に姿を現していなかった(草刈りをしたので気づかなかったということはないと思うのです)のに、10日後の17日に同じ場所を見ると、地面から長く伸びた茎の先にヒガンバナの蕾がありました。そして19日にはその蕾がたくさん開花していました。まるでお彼岸に間に合わせるように・・・。

 

花が咲く時期というのは、その準備の期間も含めて本当に不思議ですね。それぞれの植物が自分の時間をもっていて、その時間の中で変容していく過程もまた独自のものですね。

 

※1枚目の写真が9月17日、2枚目の写真はその2日後、9月19日に撮影したものです。

ヒガンバナ

ヒガンバナ(2018/9/17)

 

ヒガンバナ

ヒガンバナ(2018/9/17)

Trackbacks/Pingbacks

  1. ヒガンバナは彼岸を過ぎると…。 | フラワーエッセンスヒーリング Seeds of Agnelica - […] 先日「ヒガンバナの時間」で紹介したヒガンバナですが、花の終わ…

Submit a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。

Shares
Share This