植物が教えてくれる「自分の世界を出ること」

★この記事は更新から1年以上経過しています★

2015年もあと3週間ほどになりましたね。来年の植物観察のスケジュールを今検討中ですが、できれば、エルム、スターオブベツレヘム、チェリープラム、ワイルドローズ、レッドチェスナットあたりはやりたいなと思っているのですが・・・。

植物が教えてくれることはたくさんあります。丹念に観察すると必ず「発見」があります。とくに時間をかけてスケッチして形や色をたどっていくとたくさん発見があります。そして、発見すると物凄くうれしいし、楽しいですね。思わずひとりで「おー!」とか、「そういうことかー!」とか声が出てしまいます。

そういう「発見」を通して植物が教えてくれる物凄く大事なことの一つは「自分の世界を出る」ということじゃないかと思います。

たいてい僕らは無意識のうちに植物について勝手なイメージをもっています。自分の世界の枠の中で植物をとらえています。けれども、植物を丹念に観察するとその自分の枠を出ざるを得なくなります。そのときが自分にとっての発見の瞬間です。勝手なイメージが崩れ去るときで、植物が本当の姿を見せてくれるときです。

実際の例をあげる方がわかりやすいと思うので、ちょっと長くなるかもしれませんが、ドクダミの例を見てみましょう。ドクダミの花は見たことありますよね。4枚の白い苞(ほう)がありますね。あれは花びらではなく苞なのですが、4枚全部同じ形だと思っていませんか。

ドクダミの4枚の苞は全部同じ形ではありません。下の写真だと、下の1枚が長いというか、大きいのがわかると思います。これを発見すると、そうなのかと思いますね。そして、ここからがさらに面白くて、なぜ形と大きさが違うのかということです。

ドクダミの花

ドクダミの花

なぜかというと、蕾から開花するところを見るとわかります。上の写真でも苞がどのように重なっているかがわかると思いますが、上の写真の下側の苞が蕾の一番外側を包んでいる苞なのです。だから、他よりも少し大きい!

ドクダミの開花

ドクダミの開花

(↑)この写真では右側の苞が一番外側の他より大きな苞で、最初に開くところです。

ドクダミの開花

ドクダミの開花

(↑)この写真では最後の苞だけがまだ開いていません。これを見ると蕾のときに苞がどのように重なってたたまれているかがよくわかりますね。さらにこの重なりは、葉の付き方がメタモルフォーゼしたものという発見もあるのですが、長くなるのでこの辺にしておきます。

 

こうした発見は「最初4枚の苞が同じ形だと思っていたけど実は違った」というところから出発しています。自分の世界の枠の中で描いたイメージは「4枚の同じ大きさの白い花びらのようなもの」だったわけですが、ドクダミと時間を共にして丹念に形をたどってみると、自分の思い描いていたイメージは崩れ去ってドクダミが本当の姿を現してくれます。

そのとき何をやっているかというと、自分の世界の中で思い描いていた、きっとこうだろうみたいなものを捨てて、観察したりスケッチしたりして、そのままの姿を理解しようということです。

これって、人間同士の関係でもまったく同じだと思うのです。僕らは自分の世界の枠の中で無意識に描いたイメージを相手に重ねて見ています。それは誰にでも普通に起こっていることで、それ自体が悪いわけではありません。

けれども、相手を本当に理解したり、共感したりする瞬間は、自分の世界の枠の中で描いたイメージが崩れる時だと思うのです。それが崩れてそのままの相手に触れることができたとき。相手を自分の世界の枠の中に入れて理解しようとするんじゃなくて、自分とは違う「他者」として自分の世界の枠を出て相手の世界を理解しようとするときだと思います。

人間の場合には、自分の世界の枠の中で描いたイメージをお互いに投げかけあっていて、ちょっと複雑なわけですが、植物の場合にはこちらから投げかけているだけです。そのような意味でも植物を丹念に観察することを通して学ぶことは物凄く大きいと思います。

植物は、私たちが自分の世界を出て相手のそのままの姿に出会うよろこびを教えてくれます。そして、それは同時にそのままの私たち自身と出会うよろこびでもあるのではないでしょうか。

 

 

トラックバック / ピンバック

  1. ゲーテの対照的思考と「自分の世界を出ること」 | フラワーエッセンスヒーリング Seeds of Agnelica - […] というのは、「植物が教えてくれる『自分の世界を出ること』」や…

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Seeds of Angelica Newsletter

Seeds of Angelica Newsletter

フラワーエッセンスと関連植物の情報や、Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

 

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して登録をクリックしてください。

ありがとうございます。ご登録が完了しました。