カートは空です

FES(Flower Essence Society)について

FES(Flower Essence Society/Flower Essence Service)は、1978年パトリシア・カミンスキ氏とリチャード・キャッツ氏の二人によって設立されたフラワーエッセンス研究機関/メーカーです。


フ ラワーエッセンスを現在のような形で世に送り出したDr. エドワード・バックはフリーメーソンなどのメンバーであったこともあり、その秘教的な伝統に基づいてかフラワーエッセンスの開発に関する情報や知識を公表することはしませんでした。彼の偉業を高いところに置いてそこには手を触れないようにしておくこともできますが、FESのパトリシア氏とリチャード氏が行ったことは、自然とその偉業の間に「橋を架ける」ことでした。


FESのエッセンスは徹底した植物研究と世界中のプラクティショナーの協力の下に、地道な臨床リサーチを土台に開発されています。エッセンスメーカーの中にはチャネリングメッセージに頼るだけのメーカーもある中で、FESは「リサーチ」という科学的でしかも多くの人々に開かれた手法をフラワーエッセンス療法の中に持ち込みました。十分な植物研究と実証データが得られ、その性質が確認されるまでは、販売はもちろん、エッセンスの定義が公表されることもありません。


個人的にはこの徹底ぶりが好きです。ともすると精神世界系のマニアックな人たちの中だけでもてはやされているフラワーエッセンスを、それこそを人の助けになるものとして本気で社会に根付かせようという情熱を感じずにはいられません。私は2000年にFESの集中研修に行き、彼らの情熱に触れることができました。その時の経験はその後の自分の方向性に大きな影響を与えてくれました。(サイト名の"Seeds of Angelica"はそのとき二人からもらった「アンジェリカの種」をきっかけに付けました。

※FESのエッセンスのエネルギーの質や明晰さには世界的に定評と実績があります。多くのメーカーが出しているバックエッセンス(バッチフラワーレメディ)についても、個人的にはFES(から出ているヒーリングハーブス)のものがもっともおすすめです。


※FES、Healing Herbsのエッセンスを使用するのに一番お勧めの解説書はFESから出ている「フラワーエッセンスレパートリー」です。Seeds of Angelica で購入していただいたエッセンスには解説等は添付されませんので、ご了承ください。