カートは空です

フラワーエッセンスを動物たちのために

動物のためにエッセンスを使おうと考えるとき、まず考えてほしいことは、その動物は症状や行動を通して何を語ろうとしているかということです。単に症状や行動だけではなくて、自分と動物との関係についても見直してみてほしいです。その意味では自分の体の症状について、体の声に静かに耳を傾けるのと似ているかもしれません。人間の都合やエゴからではなくて、彼らの側に立って、語ることに静かに耳を傾けてみましょう。もし症状や行動に、自分(飼い主)と動物の関係が関連あるとしたら、動物と一緒に自分(飼い主)もエッセンスを服用するといいかもしれません。

たとえば、飼い主があまりに動物のことをネガティブに心配していることが関係しているとしたら、動物にピンクヤロウ、飼い主にレッドチェスナットなど・・・。 動物にエッセンスを与えるときには、飲み水の中に落としてあげるか、エッセンスを落とした水で軽く唇をぬらしてあげるのがいいと思います。またエッセンスを手につけて体を撫でてあげるのもいいです。

●チェスナットバッド:新たに何かしつけを教えたりするときに。

●ホリー:動物同士が飼い主を争ってけんかする場合に。

●オレゴングレープ:他の動物になじめず敵意を表すような場合に。

●クェイキンググラス:動物たちがグループで生活する場合の助けとして。グループに新しい動物が入ってくるときにも。

●ピンクヤロウ:飼い主の心配や恐れを背負い込んで原因不明の病気になったりする動物に。

●キャモミール:吠え立てる犬など、興奮しやすい動物に。

●ボラージュ:元気をなくしているときに。また元気がなく眠ってばかりいるように見える年老いた動物に。

●コスモス:テレパシー的にこころが通じ合うように。飼い主と動物の両方に。

●ペンステモン:手術後の動物や肉体的な痛みをもった年老いた動物に。

●エケネイシャ:過去に虐待を受けたり、ひどいトラウマを経験した動物に。

●セルフヒール:病気の動物たちに。また免疫機能が低下している動物たちに。

●スナップドラゴン:すぐに噛み付いたりうなり声をあげたりする動物に。

●レッドクローバー:とくに猫などのヒステリックになりやすい動物を落ち着けるために。どこかへ連れて行かなくてはならないときなど。

●ブリーディングハート:飼い主や家族の誰かと分かれることを余儀なくされて悲しそうにしている動物に。

●ウォルナット:引越しの後や飼い主が変わった場合に。