カートは空です

服用ボトルの作り方

フラワーエッセンスはストックレベル(ストックボトル)の状態で通常販売されています。服用の仕方として以下の2つの方法があります。


(1)1回につき2~4滴を1日に4回ストックボトルから服用する
(2)服用ボトルをつくって1回につき2~4滴を1日に4回服用ボトルから服用する


この2つの方法には基本的に効果の違いはありません。(2)の方法の方が断然経済的ですし、簡単なエネルギーワークの基本を知っていれば、(1)の場合よりもエッセンスを効果的に服用することができます。とくに何種類かのエッセンスを組み合わせて摂る場合などは有効です(以下の(4)のステップ)。



服用ボトルのつくり方


(1)用意するもの
■15ml~30mlくらいのドロッパー(スポイト)付のガラス製遮光瓶(新しいもの、一度別の組み合わせで使用したボトルは使わない。30mlで約1ヶ月分)
■ブランデー(エネルギーの保存料)
■服用したいエッセンス
■ミネラルウォーター
(■ラベル:エッセンス名や日付を書いておくためのもの)


(2)まず遮光瓶を洗浄します。洗浄した遮光瓶にブランデーを約1/4入れて残りをミネラルウォーターで満たして、「ブランデーの水割り」!?をつくります。


(3)この「ブランデーの水割り」の入ったドロッパー付きのボトルに服用したいエッセンスをストックボトルから2~4滴入れます。複数のエッセンスを組み合わせる場合はそれぞれ2~4滴ずつ入れます。


(4)フタをして、遮光瓶を利き手で持ち、もう一方の掌にリズミカルに打ち付け上下に振動させてエネルギーを活性化します(1~2分)。複数のエッセンスを入れたときは、それぞれのエッセンスのエネルギーが統合され一つになって自分の支えとなってくれることを意図して活性化します。


(5)これで自分のための服用ボトルができあがりです!! 服用するときにも(4)と同じ要領でエッセンスを活性化(この場合は10回程度)してから服用します。