fbpx

たまむし、たましい、羽の輝き

2021年8月25日

昨日は飛ぶフラワーエッセンス教室SEED3の第9回でした。SEED3はフラワーエッセンスで人を支えるための基本全10回を1年をかけて学ぶ課程なので、いよいよ大詰めにきたなという感じです。

僕が言うのもなんですが、SEED3はエンターテイメント性があるわけでもなく、これをやればすぐにうまくいく的なノウハウを教えるわけでもなく、当たり前の面倒くさいことを言ったり、やったりするので・・・植物観察に行けとか、自分自身の癒しに取り組めとか、相手の気持ちに意識のレベルを合わせろとか・・・SEED3 のメンバーは本当にここまでよく来てくれたなと思います。

SEED1、SEED2とあわせると今の時点で約2年ですが、それぞれの方が自分のたましいの個性をいかしてフラワーエッセンスとの関係を育ててこられた過程を見せてもらうことができたことには、本当に何物にも代えがたいよろこびと感謝を感じています。6月には修了課題の植物観察の発表があるので、本当に楽しみです。

一昨日さむーい山の中の植物園に花も咲いていないチェリープラムを見に行って、玉虫の羽に出会うという僕にとってうれしい出来事がありました。飛ぶフラワーエッセンス教室でやっていることもそういう感じかなと思っています。やっていることは地味で地道で、ときには内的に寒い山に出かけて行くようなこともあるわけですが、そこには思いがけず一瞬たましいの輝きに触れさせてもらう、そして触れ合う時間があって、それは本当に玉虫の羽の輝きなのです。ただ美しいなって思うのです。

玉虫の羽
玉虫の羽