セラトーのフラワーエッセンス – Hさんの体験

2022年9月16日

セラトーのフラワーエッセンス – Hさんの体験

セラトーのフラワーエッセンス - Hさんの体験

私が1番印象深かったのはセラトーです。

セラトーは自分の直感が信じられず、他人にアドバイスを求めがちな人のためのエッセンスとあります。

自分には直感がない、感じられない、自分の答えが信じられない、と過去に飲んだことがありましたが全く手ごたえを感じられませんでした。フラワーエッセンスの学びを続けてきて、直感がない人なんていない、直感があるのに気がつかなかったり受け取れていなかったのだと気付き、もう一度飲んでみようと思いました。

感じることや思うことはあるのにそれを信じられない。信じられないから他の人や違うところに正解を求めに行き、そちらを採用してしまう。自分の直感や考えよりも、ダメと言われないこと間違わないこと、非難されないことに意識が向いていました。また聞いてしまうとそちらの方が正しい気がしてしまうし、聞いてしまったからそちらを採用しなくては申し訳ないといった思いも持っていました。

ふと今までの人生でも間違えてはいけないと正解を求めてきたのだと思いました。失敗しない人生、人からダメ出しをしないされない人生を。それは自分の直感を信じたときに相手のちょっとした雰囲気から「えっ⁈」と思われていると感じる瞬間があり、自分の直感は間違っているんだ・・・と思い、自分を守るために自分の意見を言うのもやめ、感じることもやめているうちに、感じられなくなっていったのかなと思い至りました。

セラトーを飲んでいくうちに、「自分の直感や考えを自分が信じなくてどうするの」と言う感覚になりました。頭で考えたり、何かを決めるときに、外へ外へと答えを求めて行くのをやめ、まず自分の内側に聞いてみるということをするようにしてみました。こうした方がいいんだよねと言う正解や損得よりも、「本当はどうしたいの?」「本当はどう思ってるの?」と自分に向かって尋ねていくようになっていきました。そしてその問いかけに対する自分の答えを信じることができるようになりました。

繰り返しているうちに、その内なる声に従っているほうが自分でも心地が良いと言うことに気がつき、自分のことは自分で決めよう、決めていいんだと思えるようになり、自分の判断に自信が持てるようになりました。

セラトーのおかげで自分で自分を信じると言う当たり前のことに気づくことができました。

補足

上の文章は飛ぶフラワーエッセンス教室の講座SEED-BACH2を受講された方の修了レポートです。講座と講座の間にフラワーエッセンスを約4週間継続して服用し、その変化にていねいに向き合うという形で、フラワーエッセンスを使ったときの経験が書かれています。

公開可能なものを受講者の方の了解を得て公開しています。書籍では学べない生きた情報として参考にしていただけると幸いです。公開を了解してくださった方々に心から感謝します。

一般公開レポート ⇒ フラワーエッセンス体験談 – 最も印象に残ったフラワーエッセンス

★「バッチのフラワーエッセンスを体験的に学ぶ」⇒ SEED-BACH1

★「バッチのフラワーエッセンスを体系的に学ぶ」⇒ SEED-BACH2


読んでくださってありがとうございます。もし、この情報が心に響いたら、下の💚のボタンを押していただけるとうれしいです。