昨日、大阪市立大学の植物園に行って来ました。

チェリープラムはバッチ医師が、亡くなる前年につくった後半の19のエッセンスの1つです。その中でも春先にもっとも早く開花する植物で、イギリスでは、チェリープラム、エルム、アスペンがほぼ同じころ(2月下旬から3月にかけて)に開花するようです。(*1)

日本ではエルムが一番早いのではないかと思います。小石川植物園のエルムは3月10日ごろだと思います。大阪市立大学附属植物園のチェリープラム(ミロバランスモモ)は3月下旬に開花します。

で、今のチェリープラムはこんな感じです。

チェリープラム

チェリープラム

チェリープラム

チェリープラムの動画

あと1か月して満開になると・・・下の動画のような感じになります。

チェリープラムの花を観察に出かけませんか? ⇒「チェリープラムとカタクリの花」観察会 3/23(土), または 3/27(水)

 

バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき 』ジュリアン・バーナード著、谷口みよ子訳 フラワーレメディー・プログラム・ジャパン 2013, 181p

ニュースレター登録

Seeds of Angelicaの活動やイベント、ブログ記事などのご案内のNewsletterです。

講読をご希望の方はメールアドレス(お名前は任意)を入力して送信をクリックしてください。

講読解除をご希望の方はメールアドレスを入力して講読解除を選択し送信をクリックしてください。

ご購読ありがとうございます。

ご登録いただきありがとうございます。

Share This