「フラワーエッセンスをつくる」研修

2024年5月23日

自分のためにフラワーエッセンスをつくる意味

通常はフラワーエッセンスは、
ビンに入って市販されているものを
購入して使います。
自分でつくらなくても
つくったものを買うことができます。
ネットショップで購入すれば
数日で届きます。

なのに、なぜ時間とお金と労力をかけて
わざわざ自分でつくるのか?
コスパもタイパも
あったもんじゃない。

けれども、自分のたましいと
呼べるようなものをかかわらせて
何かをすることは、
そのことのために
時間を「無駄にする」ことだと
言い換えることができないでしょうか。

丹羽敏雄先生は
『百合と薔薇』
(ゲーテ=シュタイナー的自然観察への誘い)
のなかで、
植物を観察するときの本質を
鋭く突いている言葉として
『星の王子様』のなかの次の言葉を
取り上げています。

君が、君のバラの花をとても大切に思っているのはね、
そのバラのために、時間を無駄にしたからだよ

フラワーエッセンスをモノとしてではなく、
自然との関係、
植物との関係、
自分との関係の
すべてのタイミングがあって
生まれる一度きりのものとして
経験していただくことが
この研修の目指すところです。

それは自然の声に耳を澄まし、
花の言葉を受け取るための
私たちから植物の世界への
アプローチでもあります。

その経験を通して
触れられるものがあります。

真にかけがえのない何か

フラワーエッセンスをつくっているときの、
ボウルの水に浮かべた花と水の輝きを見ていると、
普段は忘れている何かに
触れているような気持ちになる。

同時に普段は忘れている自分のなかの何かに
花によって触れられている気持ちになる。

わたしのなかの真にかけがえのない何か。

それは、花のたましいに触れるような体験になるし、
同時に自分のたましいに触れる体験になりうる。

自分のためにつくったフラワーエッセンスは、
そこから日常を生きるのを支えてくれる。

ノイバラ:日程

ノイバラ

2024/5/22のノイバラ

2024年5月24日(金)14時~26日(日)12時

5月24日(金)
 13時10分 和気駅集合、または直接14時に民宿へ(車の方)
 14時 集合・受付
 14時30分~17時 周辺の花を見て散策&ノイバラ確認、器の浄化
 17時~19時 温泉入浴、夕食(温泉施設のレストラン)
 20時~21時30分 MTG:翌日の作業予定の解説

5月25日(土)
 7時 朝食
 8時 作業する場所へ出発
 8時30分~12時 フラワーエッセンスをつくる
 13時 昼食
 14時~17時 自由時間
 17時~19時 温泉入浴、夕食(温泉施設のレストラン)
 20時~21時30分 経験を共有する

5月26日(日)
 8時 朝食
 10時 チェックアウト~周辺散策
 11時30分~12時 クロージング
 12時:終了後、和気駅へ(40分程度)

ウツボグサ(セルフヒール):日程

2024年6月28日(金)14時~30日(日)12時

6月28日(金)
 13時10分 和気駅集合、または直接14時に民宿へ(車の方)
 14時 集合・受付
 14時30分~17時 周辺の花を見て散策&ノイバラ確認、器の浄化
 17時~19時 温泉入浴、夕食(温泉施設のレストラン)
 20時~21時30分 MTG:翌日の作業予定の解説

6月29日(土)
 7時 朝食
 8時 作業する場所へ出発
 8時30分~12時 フラワーエッセンスをつくる
 13時 昼食
 14時~17時 自由時間
 17時~19時 温泉入浴、夕食(温泉施設のレストラン)
 20時~21時30分 経験を共有する

6月30日(日)
 8時 朝食
 10時 チェックアウト~周辺散策
 11時30分~12時 クロージング
 12時:終了後、和気駅へ(40分程度)

どんな研修?

里山の自然のなかに身を置いて、自分のために使うフラワーエッセンスをつくる研修です。

作り方のノウハウを学ぶことが目的ではなく、フラワーエッセンスを自分のためにつくることを通して、普段は忘れている、自分にとって大切な何か、かけがえのない何かに触れる機会となる研修です。

どこで何をする?

場所は岡山県美作市上山(うえやま)

1.里山の自然に浸る

日常を離れて、里山の自然に浸る経験ができます。そのなかに身を置くことで私たちの内なる自然が目覚めます。

2.花に出会う

里山に咲く花に出会い、その花でフラワーエッセンスをつくります。5月24日~26日はノイバラ、6月28日~30日はウツボグサ(セルフヒール)が咲く時期です。

ただし、フラワーエッセンスをつくる作業は機械的にできるものではありません。その時一度きりの自然と対話しながら進めていきます。ですから、必ず目指す植物でフラワーエッセンスをつくることができるとは限りません。予めご了承ください。

3.フラワーエッセンスをつくる

自分自身のために太陽法でフラワーエッセンスをつくります。フラワーエッセンスをつくっているときの、ボウルの水に浮かべた花と水の輝きをぜひ経験していただきたいと思います。

この集中研修で経験できること

◆この集中研修で経験できること

1.里山のやさしい自然のなかに身を置いて植物との時間を過ごす。

2.フラワーエッセンスは人間と植物の交流の結果」です。自分のために自分でフラワーエッセンスをつくることを通して、自然との交流、植物の世界に触れる経験をします。

3.普段は忘れている、自分にとって大切な何か、かけがえのない何かを「フラワーエッセンス」という形で日常に持ち帰り、日常のなかに根付かせていく助けにすることができます。

自然のなかで自分を開くための、安全で安心できる場、自分のままでいられる場を自信をもってご提供します。

望めば植物を見つけてレメディをつくることさえ、自分でできる

この集中研修は、
自分で自分のために
フラワーエッセンスつくることを
体験する合宿形式の研修です。

「えっ、フラワーエッセンスって自分でつくれるの?」

と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

フラワーエッセンスを世に送りだした
エドワード・バッチは、
1934年版の著書
The Twelve Healers and Four Helpers
のなかで次のように述べています。

あらゆることが自分ででき、望めば植物を見つけてレメディをつくることさえ、自分でできる。

Edward Bach,The Twelve Healers and Four Helpers 1934

この集中研修は次の2つのことを目的としています。

1.フラワーエッセンスの全体
(作ることと使うことの両方)を経験し、
フラワーエッセンスの真価を
体験すること。

2.フラワーエッセンスをモノとしてではなく、
自然との関係、植物との関係、自分との関係から
体験すること。

ですから、フラワーエッセンスの
つくり方のノウハウやテクニックを
お伝えすることをメインとした研修ではありません。

里山の自然のなかで、自分のために自分でフラワーエッセンスをつくる
ことは、安全な枠組みのなかで、
自然の声に耳を澄まし、花の言葉を受け取るための
私たちから植物の世界へのアプローチ
です。

この体験は多くの方にとって
日常ではなかなかアクセスすることが難しい
こころの深い領域に触れ、つながりを取り戻す
経験になると思います。

そのための基本的姿勢は、
自然・参加者・スタッフの三者の関係を重視し、
安全で自由な場をつくり出すことです。

そして、その器のなかでそれぞれの方が
「自分のためにフラワーエッセンスをつくる」
経験をします。

その経験の過程全体を
その方の「世界」そのものとして
あくまでも尊重しようというのが基本姿勢です。

会場

岡山県美作市上山
最寄り駅:JR和気駅(山陽本線):民宿までの送迎あり

岡山県美作市上山

宿泊

岡山県美作市上山集落
民宿「かげひなた」と「sumiCa

かげひなた
(2階建 1棟)
宿泊人数:最大6名

かげひなた2F
かげひなた2F
かげひなた1F 洋室
かげひなた1F 洋室
かげひなた1F ミニキッチン
かげひなた1F ミニキッチン

(1階)洋室6畳、ミニキッチン、トイレ(ウォシュレット付き)、シャワールーム
(2階)和室6畳、和室8畳
※部屋の間仕切りはふすまです。
(設備)
ミニキッチン、冷蔵庫、電子レンジ、電気ポット、トースター、テレビ、Wi-Fi(無線LAN)利用可、エアコン、暖房、空気清浄機、調理器具、食器類
(アメニティ:シャンプー、リンス、ボディーソープ)

※アメニティは基本ご自身でご用意ください。

入浴について:基本的に大芦高原温泉 雲海(700円)を利用していただきます。現地までの送迎(10分程度)があります。温泉を利用されない場合は、かげひなたのシャワールームをご利用ください。

参加していただくには

1,2,3、4のいずれかを満たす方

1.開催時点でBACH1、またはBACH2、またはFES1を2回以上受講された方

2.植物観察会、植物観察講座基礎上級のいずれかを受講された方

3.Seeds of Angelicaで個人セッションを6回以上受けたことのある方

4.フラワーエッセンスを1年以上の使用経験のある方

準備していただくもの

・筆記用具
・スケッチブック
・ルーペ
・ガラスボウル(煮沸消毒済みのもの)
・ブランデー(マザーエッセンス用)
・ガラス瓶(マザーエッセンス保存用:ブランデーの入っているボトルでOK)
・フィルター(ろ過する人は準備)

・太陽法に使用する水は、名水として有名な美作市後山の湧き水をSeeds of Angelicaで準備します。

※準備していただくものについては事前にZoomで解説します。

講師、及びスタッフ

講師

高原大輔

Seeds of Angelica 高原大輔

講師プロフィール

定員

定員4名 (最小催行人数:2名)

参加費、宿泊費など

1.参加費:38,000円(5/20までにお振込みください)  和気駅から民宿までの送迎、民宿から和気駅への送迎(タクシーの場合片道7,000円程度)、その他温泉施設などへの送迎を含む。

高原1人でサポートする2泊3日の研修は開催確定は原則1週間~10日前となります。天気予報で雨が予想される場合には中止となる場合があります。したがって、参加のお申込みをいただいた方は、開催が確定した後で参加費をお振込みください。

2.宿泊費:民宿「かげひなた」1泊5,000円

3.食事について
5月24日(初日)、25日(2日目)の夕食は温泉施設のレストラン(1,000円~2,000円程度/1食)、25日(2日目)の朝食は、食パン、ゆで卵、ヨーグルト、フルーツなどを用意する予定です。25日(2日目)の昼食は検討中(いちょう庵がオープンしていればいちょう庵で)、26日(3日目)の朝食、昼食については、25日(2日目)の午後の自由時間に買い出しに行きます。食費は実費をお願いします。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お申込み

    自分のためにフラワーエッセンスつくる研修 申込

    お名前 (必須)

    フリガナ (必須)

    メールアドレス (必須)

    郵便番号 (必須)

    都道府県 (必須)

    市区町村以降の住所 (必須)

    電話番号 (必須)

    参加を希望する研修

    参加費お支払い方法 (必須)

    銀行振込(ジャパンネットバンク)郵便振替

    通信欄

    個人情報の取扱いについて同意の上送信します。個人情報保護指針

    送信後に控えのメールが自動返信されます。届かない場合は迷惑メールフォルダーに入っていることもありますので、念のためご確認ください。

    とくにフリーメールなどのメールアドレス(hotmail.comやaol.comなど)をご利用の場合や、スマートフォンなどの場合は、予め seedsofangelica.net のドメインのメールが受信できるようにご指定ください。(hotmail.comの場合は「差出人セーフリスト」で、aol.comの場合は「迷惑メールフィルタ」で「seedsofangelica.net」のドメインを事前に受信許可してください。)

    迷惑メールフォルダーにも見当たらない場合は一時的なサーバの不具合やメールアドレスを間違って記入された可能性があります。お手数ですが再度お申込みいただくか、お問い合わせください。

    キャンセルの場合の参加費について

    【キャンセルついて】

    ウツボグサ(2024/6/28-30)

    高原1人でサポートする2泊3日の研修は開催確定は原則1週間~10日前となります。開催が確定した時点でお申込みいただいた方に参加を再確認します。その時点でキャンセルいただく場合はキャンセル料金はかかりません。開催確定後のキャンセル、または不参加の場合は、参加費全額がキャンセル料金となります。

    関連記事

    Posted by takahara.daisuke