クレマティス (クレマチス)

2022年11月9日

クレマティス (クレマチス)
キンポウゲ科センニンソウ属 学名:Clematis vitalba

フラワーエッセンス・クレマティス(クレマチス)

クレマティス(クレマチス)のフラワーエッセンスは、
現実よりも空想やイメージの世界で
多くの時間を過ごすような人が、
現在に意識を向けて
豊かな創造性を実現していくことを
助けてくれます

フラワーエッセンス・クレマティス(クレマチス)と共鳴する心

フラワーエッセンス・クレマティス(クレマチス)と共鳴する心

【 クレマティス(クレマチス)が助けになる人の経験しやすい傾向やパターン】
現実に向き合うよりも自分の内面の世界に入り未来を夢見がち。現実的でない精神的価値観。

【パターンのなかに内在されている目覚めようとしている性質】
明晰な意識の焦点をもって今ここに存在することができる。 インスピレーションを実生活の中に具現化することができる。


クレマティスと共鳴する心は
夢見る能力がよく発達していて、
目の前のことに意識を向けるよりも、
ぼんやりと空想に
耽ってしまうような傾向があります。

夢見る能力は、
あったらいいいなぁという
未来のことに向けられるますが、
現実的な目標としての未来ではなくて
架空の世界のニュアンスの強いものです。

そのような世界を
好きなときに訪れて
好きなときに戻ってくるといった感じです。

けれども、クレマティス・タイプが
本来もっている可能性(潜在的な能力)は、
想像や空想の世界を
誰の手も届かないところに
しまっておくのではなくて、
社会のために活かして、
それを現実の世界(今ここ)に
根付かせ、形にすることのできる力
です。

体験談や関連する記事

植物としてのクレマティスの特徴

クレマティスは、キンポウゲ科センニンソウ属の多年草です。つる性の植物で、高いところへ上って白い花を咲かせますが、太い木質化した茎を大地にしっかりと下ろします。20~30mの長さにまで成長します。花は白色で直径2cm程度。花弁はなく、十字型の萼があります。

日本の野山に自生するセンニンソウ(Clematis terniflora)やボタンヅル(Clematis apiifolia)はクレマティスの近縁種です。

ボタンヅル(Clematis apiifolia):日本に自生するクレマティスの近縁種

ボタンヅル
ボタンヅル
ボタンヅル
ボタンヅル
ボタンヅル