個性化

螺旋に続く内面の旅と、いのちのメタモルフォーゼ

 

僕らは二つの旅を続ける。外側の旅と内側の旅。外側の旅は皆に等しく刻まれる時間。内なる旅は螺旋に続くたましいの時間。ときには二つの折り合いがつかなくなって僕らは道に迷う。目指した灯火は幻と消え暗い空は何も言わない。ま ...

その他,個性化

未来を変えていく力

現状認識の違い

緊急事態宣言が7都府県を対象に出されました。自分や自分の家族の安全だけでなく、医療現場に差し迫る危機をなんとかしなければ、この感染症以外の病気と闘う多くの人命も危機にさらされる状況が差し迫っていると思うのですが、個人によ ...

個性化

No Image

日常の現実という

鏡に映る私の姿と

内界の声にならない声が

どんなふうに

物語を紡ぐ糸で

結ばれているか。

わたしの物語の糸が

自分の手に確かに触れる ...

個性化

フツーやリソウといった世間の物語、

誰かに言われたり、何かに書いてあったりしたような借り物の物語、

何がいけなかったのかといった原因探しの因果の物語・・・。

一見すべてをわかりやすく説明してくれて、 ...

個性化

2つの世界とわたしの物語を探す旅

私たちは「自分のものだと思い込んでいる物語」にとらわれたり、縛られたりすることがあります。フツーやリソウといった世間の物語であったり、誰かに言われたり、何かに書いてあったりしたような借り物の物語であった ...

個性化

おはようございます。

いきなりですが、昨日の続きから…

生きづらさというのは、

封印したものに関係しているのではないかと書きました。

子どもの私たちや、思春期の私たちは

地上 ...

個性化

エドワード・エドワード・バッチ医師の命日です。

感謝。

★   ★   ★

社会での生きづらさを感じている方の中には、

内的な世界のことをとても大事に思う人が多いのではないかと思います。

個性化

No Image

何気なく、YouTubeを見ていたら、河合隼雄先生の京大退官直前の最終講義(1992年)の動画があった。

これをたまたまNHKの放送で見たことが、今の活動の出発点の土台になっているといっても過言ではない。

この ...

個性化

自分に自信がもてなかったり、

自分が人と違うことに過敏だったり、

自分が自分でいいという感覚を

もてなかったりするときは、

自分の根に養分を与えよう!

すでに自分がもっている ...

個性化

その人の心に起きている現象を「共に経験する」

人の心に起きている現象を共に経験しようとする態度は、

人が癒えることを可能にする場を

提供しようとする人たちにとって、

基本的な態度ではないかと思う。

個性化

No Image

河合隼雄先生の言葉

・・・僕らの仕事の物凄いむつかしいところなんです。

その子の立場に立ってというか、

その子に心を開いてということと、

その子にこちらがなんかしてやるのとは違うんですね ...