トチノキ(ホワイトチェスナットの近縁種)の掌状複葉の展開

トチノキ(ホワイトチェスナットの近縁種)の掌状複葉の展開

3月31日の状態からの続きです。折りたたまれていた特徴的な掌状複葉が展開してきました。茶色だった葉が徐々に緑色を帯びてくるにしたがって、葉は少しずつ広がってきました。 トチノキも、バッチのエッセンス、ホワイトチェスナットやチェスナットバッドのつくられるセイヨウトチノキも、どちらも特徴的な葉をしています。下の写真(セイヨウトチノキの葉)のように掌を広げたような、ヤモリの手のような形(掌状複葉:しょうじょうふくよう)です。...
トチノキ(ホワイトチェスナットの近縁種)の新芽の展開

トチノキ(ホワイトチェスナットの近縁種)の新芽の展開

トチノキは、バッチのエッセンスがつくられるセイヨウトチノキの、日本に自生している近縁種です。 セイヨウトチノキからは、チェスナットバッドのエッセンスと、ホワイトチェスナットのエッセンスがつくられています。 チェスナットバットは春に展開し始める新芽から、ホワイトチェスナットは花からつくられます。 チェスナットバッドは、経験からなかなか学ぶことができず、同じようなパターンや失敗を繰り返す傾向があるときに、経験から学ぶのを助けます。...
2年目のセンブリ(3/30)

2年目のセンブリ(3/30)

センブリはリンドウ科の二年草です。二年目のセンブリを観察しています。 葉の色は最初黄緑に近い明るい緑で、縁と裏側に紫が表れていましたが、3月に入るとだんだん青味を帯びてきています。葉の形状もだんだんと長細くなってきました。                      ...