インパチェンス(インパティエンス)とツリフネソウ

★この記事は更新から1年以上経過しています★

日本で見られるバッチフラワーレメディの植物

バッチフラワーレメディの植物の中には、帰化植物として日本でも見ることのできるものがありますね。たとえば、セントーリ(ベニバナセンブリ)やスクレランサス。スターオブベツレヘムも野生化しているものがあるようです。今年はセントーリの花に会うことができました。感動でした!(→セントーリ(ベニバナセンブリ)に会えました(1) セントーリ(ベニバナセンブリ)に会えました(2)

また、バッチフラワーレメディの植物そのものではないんですが、日本に自生している類縁種はかなりたくさんありますね。

たとえば、樹木(木本)ではヤマナラシ(cf. アスペン:ヨーロッパヤマナラシ)、アカマツ(cf. パイン/ヨーロッパアカマツ)、カラマツ(cf. ラーチ:ヨーロッパカラマツ)、ブナ(cf. ビーチ/ヨーロッパブナ)、トチノキ(cf. ホワイトチェスナット/セイヨウトチノキ)など・・・。

草本では、キンミズヒキ(cf. アグリモニー/セイヨウキンミズヒキ)、センニンソウやボタンヅル(cf. クレマティス)、ミゾホウズキ(cf. ミムルス)、そしてツリフネソウ(cf. インパチェンス)などですね。

インパチェンス(インパティエンス)とツリフネソウ

ツリフネソウ

ツリフネソウ

インパチェンスはバッチ医師が一番最初にフラワーレメディをつくった植物ですが、彼はインパチェンスのタイプだったといわれています。一番最初は『汝、自らを癒せ』の言葉通り、レメディづくりは自分自身のためのレメディから始まったということかもしれませんね。

インパチェンスはhimalayan balsam (ヒマラヤホウセンカ)とも呼ばれるヒマラヤ原産の植物です。ネットの情報などを調べてみると、少ないですが帰化している地域もあるようです。日本ではオニツリフネソウとも呼ばれています。

一方日本にはツリフネソウが自生しています。他にも、ツリフネソウ属はキツリフネ、ハガクレツリフネ、エンシュウツリフネが自生していますが、インパチェンスに近いのはツリフネソウのように思われます。

どちらも一年草で春に発芽して一気に成長して8月~9月に開花します。インパチェンスはオニツリフネソウと呼ばれるように、80cmほどになるツリフネソウよりも大型で、2mくらいになるものもあります。

花はとちらも3個の花弁と3個の萼片から構成されていて、とても複雑な形をしています。特定のマルハナバチが入っていくのにちょうどぴったりの形をした袋状になっているのですが、その部分は花弁ではなく萼片で、先端には距(きょ)と呼ばれる蜜を分泌する部分があります。

ツリフネソウとトラマルハナバチ

ツリフネソウとトラマルハナバチ

インパチェンスはセイヨウオオマルハナバチと、ツリフネソウはトラマルハナバチと特別な関係をもっていて、彼らにだけ蜜が吸えるような花の構造をしていることで、花粉を運んでもらっているわけですね。すごいですね。自然は!

しかーし、自然のさらにすごいところは、そういう自然のデザインを超えて実際にはミツバチに花粉だけもっていかれたり、クロマルハナバチに距を外側からかじられて蜜をもっていかれることもあるってとこですね!

もちろん、インパチェンスとツリフネソウでは相違点もたくさんあります。植物自体の大きさであったり、生育地がツリフネソウの方が水に近いこと(インパチェンスも川岸などを好みますが、牧草地などにも生育するようです)であったり、距の形も違いますね。

植物のジェスチャーと人間のジェスチャー

バッチ医師はまず植物を観察することから始めて、そのジェスチャー(形や生育場所、生育パターンなど)が人間のジェスチャー(身体的な特徴や物事に対する態度、生き方など)にどのように共鳴するかを探求していったわけですが、国や土地によって生育する植物が違っていることは興味深いですね。

もしかしたら、もともと日本に自生している植物は、日本人のジェスチャーに共鳴しやすいのかもしれませんね。そういった意味でもバッチフラワーレメディの植物と日本に自生している類縁種を比較観察してみるのは物凄く興味深くて楽しいですね。

 

ということで、ツリフネソウ観察会やります(笑)↓

ツリフネソウ観察会20150906

 

 

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Shares
Share This